JSDB 掲示板
投稿は、ログイン後に行って下さい。 匿名でも意見を掲示することが出来ます。

トップ   |   使用方法   |   リスト表示   |   過去ログ

« 戻る

[26]近隣諸国研究者の年会参加について
投稿者 : 事務局
※事務局に寄せられましたご意見を ご本人の承諾を得て 掲示板に転載させて頂きます

学問的な観点からではない、近隣諸国研究者の年会参加について述べさせていただきます。

私自身の活動の範囲を広げたいと思い、海外の集会への参加を考えることがあるのですが、いざ、案内のホームページを見てみてると、開催国の自国語での案内が充実しているだけで、英語のページが貧弱なことがよくあります。中国語なら漢字から類推して内容をしることができますが、韓国語ではお手上げです。(それで、最近、韓国語の勉強を始めています)日本国内なら、いろいろな媒体があり、また、諸機関大学の住所録もあるので、学会員以外への宣伝もきめこまかく可能ですが、海外への情報宣伝は、ホームページが主と思います。ウェブの英語ページの充実が必要です。また、宿泊案内や交通案内も重要です。行ったことのないところへ行くのですから、しかも、言葉が通じないかもしれないところへです。事前の案内が充実していることが大切です。日本国内でもよくない案内例があります。「地下鉄何とか線、どこそこ下車」と、書かれても、その線には、新幹線停車駅の何駅からどういくのか?学会案内自体は、早めにセッションのアウトラインが見えていると良いです。タイトルと座長だけわかるよりは、数行程度でも内容があると、自分のテーマと近いか遠いかが判断できます。

日本の大学を卒業して、自国で活躍されている方も増えてきていると思います。その方が、自分の弟子たちを連れて日本を訪問するということも、想像すると、楽しいことです。そういう意味でも、国内学会の国際化は拡大すると思います。



スレッド

タイトル 投稿者 投稿日 記事番号
★ 近隣諸国研究者の年会参加について 事務局 26