[3C1445]

アフリカツメガエルの雌ゲノム特異的遺伝子 xDM−W の解析


○吉本 真,伊藤 道彦,田村 啓,後藤 瑞希,高松 信彦,柴 忠義

(北里大学理学部生物科学科生物情報科学研究室)


 脊椎動物における性決定機構は、多くの爬虫類や一部の魚類にみられるような温度などの環境要因によって性が決定される場合と、性染色体の組み合わせ(雄へテロ:XY 型あるいは雌へテロ:ZW 型)により遺伝的に決定される場合がある。後者の場合、XX/XY 型の性決定機構に関わる性決定遺伝子として、哺乳類では SRY が、魚類のメダカでは DMY が単離され解析されているが、ZZ/ZW 型の性決定機構に関わる性決定遺伝子は単離されていない。
 我々は、遺伝学的な実験から ZZ/ZW 型の性決定様式を持つとされているアフリカツメガエルにおいて、その性決定機構を明らかにすることを目的として、雌ゲノム(すなわち W 染色体にリンクすると考えられる)特異的遺伝子 xDM−W を単離し、解析を行っている。未分化生殖巣で発現する xDM−W は、メダカ DMY と同じ DM ドメインと呼ばれる DNA 結合領域を持つ転写因子ファミリーに属し、精巣形成に重要と考えられる DM ファミリーメンバー Dmrt1 の Xenopus ホモログ xDmrt1 と高い相同性を有しているが、両者は C 末端領域に構造的差異が認められる。そこで我々は、xDM−W は、xDmrt1 と DM ドメインを介して競合的に作用し、卵巣形成を誘導するという性決定機構モデルを考えた。現在、この作業仮説の検証を目的に xDM−W と xDmrt1 が結合する DNA 配列の同定を試みていると共に、xDM−W 発現トランスジェニックカエルの作製のための xDM−W のプロモーター領域の単離を行っている。本発表では、その研究経過を報告すると共に、Xenopus  laevis の亜種あるいは近縁種である Xenopus  borealis あるいは Silurana (Xenopus) tropicalis における DM−W 遺伝子の進化的保存性をゲノミックサザンブロット解析によって検討を行ったので、併せて報告する。


Page Copyright (C) 日本発生生物学会 All Rights Reserved.