会期: 2009年5月28日(木) 〜 31日(日)
会場: 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
大会長: 濱口 哲 (新潟大学自然科学系 教授)

** Concerning the New Influenza Virus **

  Some of you may be concerned whether the JSDB 2009 meeting will be held following reports of the spread of new-type influenza within Japan.
Fortunately, at present there have been no cases reported in Niigata. The conference site will take all possible measures, such as the use of antivaccine disinfectants, and we will ask all participants from the Kansai region to take reasonable steps to prevent contagion, to ensure that the meeting will take place as scheduled.

  The conference site will provide, disinfectant, thermometers, and rest areas for people who feel they may be experiencing flu-like symptoms. However, we ask that anyone who experiences such symptoms prior to the meeting refrain from attending. We will prepare a number of gauze masks, but in principle, participants should provide their own masks.

Dr. Satoshi Hamaguchi
Chairperson
42nd Annual Meeting for the JSDB



日本発生生物学会第42回大会について

 マスコミなどで報道されているように、新型インフルエンザが日本国内でも流行の兆しを見せており、大会開催について、ご心配の向きもあろうかと思います。幸いにして、現時点では新潟には感染者の報告はされておりませんので、現時点においては、会場において消毒などの可能な処置を施すこと、関西方面からご参加の皆さまには自ら一定の心配りをお願いすることなどにより、予定通り開催するつもりでおります。

 大会会場では、消毒液、体温計、自覚症状のある参加者のための休憩室などを準備します。ただし自覚症状(発熱など)のある方は自主的に参加をご辞退願います。マスクについてはある程度の数を用意しますが、基本的には参加者各自でご準備ください。

日本発生生物学会 第42回大会 準備委員長 濱口 哲


A limited number of travel awards are available from the Asia-Pacific Developmental Biology Network -> http://www.apdbn.org

To download the Poster, please click here.

42nd JSDB Poster