[2P062]

Sox2はマウスES細胞の未分化性維持に必須である


○升井 伸治,丹羽 仁史

(理化学研究所CDB多能性幹細胞研究チーム)


Sox2はSox (SRY-related HMG box) 遺伝子ファミリーに属し、DNA結合能を持つHMGドメインと転写活性化ドメインから成る転写因子である。マウスにおけるその発現は生殖細胞をはじめ、初期胚での未分化細胞集団である内部細胞塊およびエピブラスト、神経系の幹細胞や前駆細胞にみられ、その機能の未分化性への関与を強く示唆することが知られていた。さらに試験管内での解析から、Sox2は未分化性特異的転写因子であるOct-3/4と協調して様々な下流遺伝子の発現を制御しうることが明らかにされており、生体内での機能解析が望まれていた。我々は、純化した未分化細胞集団であるES細胞において誘導的ノックアウト法によるSox2の機能解析を行い、未分化性維持においてSox2が細胞自律的に必須であることの十全たる証明に初めて成功した。Sox2欠損により未分化性が破綻するメカニズムについての解析結果を併せて報告する。本研究で樹立された誘導的Sox2ノックアウトES細胞は薬剤添加によって一斉に分化を開始し、この分化はSox2発現ベクターを導入することでレスキューされる。本細胞株を用いることで、未分化細胞におけるSox2の機能に関しての詳細な分子生物学的解析が初めて可能になり、未分化性維持機構の全容理解に大きく貢献すると確信する。


Page Copyright (C) 日本発生生物学会 All Rights Reserved.